AX 月イチ恒例 - 月光人魚

月光人魚

RAGFAIR・ズボンドズボン・土屋礼央さん(TTRE)をつらつらゆるーく書き連ねるカヅキの日記。ライブレポも時々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

月イチ恒例 

友人とランチ。
ファミレスで7時間ほど喋る。
お互い忙しすぎて分けわかんなくなってたみたい。
月イチでも、こうしてお話しするって大切だなぁと。
身の無い話ばかりでも、心は休まるってもんだ。

帰り道、
ふらりと立ち寄った古本屋で、上遠野浩平という作家の「ブギーポップ」シリーズが
一冊50円という破格の値段で売られているのを見つける。
しかも、5冊買ったら150円になる。
これは・・・!と思って、持っていないもの全てを買い占める。
全部で15冊。
それでも合計450円なんだから驚きだ。

帰ってから、2冊ほど食い入るように読む。


この人の作品は、全てどこかで話がリンクしていて、どこでどう繋がっているのか
複雑すぎるほど複雑で、それが出るたびに楽しみになっている。

更に面白いのが、ブギーポップシリーズと、ソウルドロップシリーズ、世界観が全然違うのに
共通しているというか、、、
ここでこの人がこう関わっていたなんて?!
的な、なんというか(笑)


面白いので2時間ほどで一冊読み終えられてしまう(笑)


ライトノベル作家は、数多く居るけれど
私が「面白い」って感じるのは上遠野浩平と、時雨沢恵一くらいかなぁ。
時雨沢恵一の「キノの旅」もなかなか。

私がこの2人の作家に出会ったのが小学校6年生だったから、かれこれ十数年経っているわけだ。
・・・私も年を重ねたものだ・・・(ちょっと切なくなってる)

で、周りの人に「この人たちの小説がね!面白いんだよ!」って言っても誰もわかんないよなー
って思ってて、「自分だけが知ってる」っていう、所謂厨二病に近いものをね、感じててだね。
「分かる人に分かってもらえればいいや」って言うスタイルで
中学とか高校とかは文章や作文を書いていたなぁと。

今になって思ってしまったよ。

そしてそれがブログというスタイルになっても、「分かる人に分かってもらえればいいや」を
貫いているっていうわけだ。

(今の仕事的に「分かる人に分かってもらえれば~」のスタイルだと、色々と問題になってしまうところも多々あり。分からない人に分かってもらえるように、じゃなきゃダメみたい。)



そんなことをグダグダ述べましたけど、何が言いたいかというと、
この買い占めた15冊+α、どこの本棚に入れようかっていう話です。

2013/02/11 Mon. 12:13  edit

Category: *カヅキの日常語り*

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nexthappy.blog63.fc2.com/tb.php/3916-2359f2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。