AX TTRE humour live @umeda AKASOレポ1 - 月光人魚

月光人魚

RAGFAIR・ズボンドズボン・土屋礼央さん(TTRE)をつらつらゆるーく書き連ねるカヅキの日記。ライブレポも時々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

TTRE humour live @umeda AKASOレポ1 

レポっぽいもの。

umeda AKASOは「え?こんなところにあるの??」っていうところにあった。
風俗店とかラブホとかそういう繁華街の中にある。
ちょっとドキドキした(笑)

広さ的には名古屋で言うとボトムラインくらいかなぁ。
でも段差もあって手すりもあって、柱はないからみやすい感じ。


セットリストが分からないから公式で上がったら訂正しますー。



1 Kond'anch Neil
アルバムのイントロが流れ始めて、バンドメンバーが現れてくる。
渉くんかっこいい。
わたーるわたーる!!

「てってれーてってれー」で礼央さんが登場。
白のワイシャツに黒のネクタイ、ちょいとオシャレなデニムに黒のスニーカー。
一緒に行ったT氏(一応伏せておく)(いつかばれるw)曰く、
「だっさい。」( ゚д゚ )!!!お前さん!!!(笑)

会場を盛り上げるために「てってれーてってれー」と歌わせようとするなんて、
「TTREをてってれと絶対に呼ばない」と勝手に決め込んでる私にとって何たる屈辱!!!(笑)

でもこの曲はliveのイントロとしてはすごく好きです。
昨年のTTRLを思い出す。



2 What color?
おぉ。ここで来るのか!ド初っ端から来るとは思わなかったので驚きながらもちょっと感動しちゃった。
昨年の6月に配信されたときは、ズボバージョンの方が好きだった…と思ってたけど
ずっと聴いていると耳が慣れたのか、それともTTRE効果なのか
この歌の景色が見えてきたんです。

手拍子が上手く出来なくてちょっと苦戦したw
「パン パパン」なのかな?
礼央さんがリードしてくれたので安心して手拍子。

このときの照明がまた、ニクくてね。
歌詞に合わせて照明の色が変わっていくんだよ。
「突き抜けるようなゴールドも」で金色。
たまらんね!!



MC。
礼央さん的には2年7ヶ月ぶりのアルバムだそうで。
(と言いながら舞台側から見て右側でステージギリギリまで出てくるもんですから近い近い近い)
ミュージシャンとしてはアルバムを出させてもらえると言うことは嬉しいことなんです。
このツアー、「humour live」と言いますが、アルバムを引っ提げてのツアーで御座います。
アルバムを引っ提げて、って言っておきながら普通はね、そういうことしないんですけど。
僕はウソはつきません。

本当にアルバムを引っ提げてきましたー!!!


と言いながら赤チェックのポシェット?から本当にアルバムhumourを出してきたー!!(笑)
ドヤ顔で出してきて、もうこの人マジでバカだ(褒めてます)
アルバムを引っ提げて歌うアーティストなんて礼央さんだけで十分です。


礼「TTRE大阪初上陸です!!」
すごく嬉しそうに礼央さんが言うと、こっちまで嬉しくなります。
礼「大阪、近いねぇ~(ニヤニヤ)」
新幹線で来たそうなんですが、もっと新幹線に乗っていたい!
どんどん加速していっていつの間にか時速300kmとか出てるんだよ。
座ってゆっくりしていたら「次は京都です」
もっと乗っていたい!15時間くらい乗っていたい!
そういう話をメンバーとしたら、「わっかんねー」って言われた(笑)

電車好きにはたまらないらしいですが、電車は移動手段だと思っている人たちからしたら礼央さんの気持ちは分からんのだろうなーそして礼央さんはその「分からん」て言われるのが逆に快感なんじゃないかと
最近気付いた私。
巧みなトークでバンドメンバーを電車好きに調教していってください(笑)


あとは何だったかな…
そうそう、アルバムを引っ提げて~の後に、
「僕はウソはつきません。そんなウソをつかない土屋礼央が、今日のライブを楽しくさせます!」的なことを言ってたかな。ウソつかない礼央さんが自信をもって「楽しませてあげる」と言うのなら
楽しませてくださいよ?(笑)
すごく期待が高まった一瞬でした。



3ナウ・ヒア・マン
うっとり聞き入ってしまった。
この曲はすごく好きなんです。TTREサウンドになって、「受験生応援」から「全ての人応援」に広がった。
イントロから壮大でうっとりと聴いていました。
というか礼央さんの歌が上手くなったのかなぁ。
4 陽
イントロを聴いて、わぁぁー!!!って感動した。
ズボの「陽」は私が初めてズボンドズボンの曲を聴いたときのものだったから。

ちょっと歌詞を間違えた気がするけど気にしないww

ズボの曲はかっこいいんですよ。
バンドメンバーの完璧な演奏で更に「陽」がかっこよくなっていく。
あーたまらん。たまらん。


5 to shyshy僕
バンドバージョンは初めてだ!何度もRAGではカタチを変えて聴いてきたけど。
RAGは切ない曲の雰囲気なんだけども
TTREだと紫って感じなのかな。
赤(嬉しい気持ち)と青(切ない気持ち)の中間。だから紫。
ただベースだったりギターだったりがちょいとPOPだから、主人公の男の子が内気なヘタレじゃなくて
もう少しチャラい感じに聞こえる。

「陽」から「to~」にかけて、ようやく礼央さんらしい変な動きが出始めたなー。
あのくねくねした動き。
スタンドマイクからマイクをはずしていたので、礼央さんの動きに自由が出た。


6オモイデツアー
これは礼央さんが曲に感情移入をしてて、最後泣いてたんじゃない?っていうくらい
切なく歌っていた。目の辺りにキラキラと光る涙(汗?)が綺麗。
礼央さんが歌うと景色が見えてくる。
近田さんのサウンドがそうさせているのかもしれないが、礼央さん自身が歌う表現の幅が広くなったんじゃないか。



歌い終わったあと、「ありがとう。」と言いながら深々とお辞儀をする礼央さん。
長く、長く深くお辞儀をした姿と、顔を上げたときの表情、、
完全に私はオモイデツアーの世界に引き込まれてしまいました。



くるりと振り返り、水を飲みに行く。
そのあと、なぜか紙コップからモノを取り出して口に含む。
「紙コップにティッシュが入ってて、それで涙を拭いてるのか?」とか思ったけど


礼「ごめんね、飴舐めながら喋っていい?」ともごもご。
礼「人生鞭ばっかりじゃいやじゃん?たまには飴を舐めないと。」

\何味ー??/

礼「パイン味♪いいよね、パイン。パインパイン。響きがいいよね」
礼央さんが言うと卑猥に聞こえるんすけど。(笑)

礼「飴っていいよね」
何を唐突に。


イヤーブックの話。
礼「ハッハー。まさかここでグッズの話をするとは思わなかったろ?
普通はアンコールでするんだけどな?」

したり顔のニヤリスマイルで言うからカヅキめろめろ。

イヤーブックはアルバムと合わせて読むといい。
アルバムhumourがカルピスの原液だったら、イヤーブックは薄めて飲むやつ。
humourがレッドブルだったら、イヤーブックは砂糖水。


いや、例えが分からんです礼央さん。(笑)


その後もぐいぐいステージ右サイドに来るもんだからカヅキさん食い入るように礼央さん見ちゃったよね。
礼央さん見ちゃったよね(大事なことなので)

そのとき、イヤーブックにマイクと手をぶつけちゃって、
「ゴチーン」と。
礼「痛いのはイヤーブック☆なんちゃって☆」

するとキーボードのゆうすけくんが「ハハハ!」と笑う。
礼「ゆうすけくんが笑ってくれると僕は安心しちゃうw」

2012/03/28 Wed. 22:04  edit

Category: *TTRE Live Report*

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nexthappy.blog63.fc2.com/tb.php/3758-5129e451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。