AX Love Diary 秋~なツアー@名古屋ell FITS ALL② - 月光人魚

月光人魚

RAGFAIR・ズボンドズボン・土屋礼央さん(TTRE)をつらつらゆるーく書き連ねるカヅキの日記。ライブレポも時々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

Love Diary 秋~なツアー@名古屋ell FITS ALL② 

続きからー。
よっつん弄りもこれくらいにして、また歌に戻ります。

6 8月32日
これいいわ!!素敵っすきっ!(笑)
サビの「8月32日~」で二人がハモるところの気持ちよさが更に気持ちよくなってる。
曲のせつなさとか、甘さとかふんわりした雰囲気が感じられました。
相変わらず大倉さんの眼力攻撃が止まらない!

チャイムの音はよっつんが。
よっつんを見つめる二人の表情もまた。


7DJ TIME
「DJ TIME」ははじめてのツアーぶり?
サビ前の振り付けが可愛い。
大倉さんのオペレーターちっくにちょっと機械を通した声が
雰囲気出ているなーと思いました。
ここのスクラッチ音をおっくんのボイパにしてみたらどうだろう?

ちなみに振り付けは私は出来ませんでした。苦笑


8なんもかもばいばい
日記と言うものは、過去のことが書いてあるものなんですが、
まぁ半分を占めるのは「恋愛」について書かれているものです。
(くだらない日記もあるんだけどねっ!一行だけとか)

と言いながら、洋輔さんと大倉さんが大倉さんの日記の中でも恋愛にまつわるものを探して読み始めます。

大「4月1日、一生の別れは急に来た。さっきの電話が最後になった」


ここでなんもかもばいばいに入って行きます。
しっかしこの曲って本当に切ないよ。
別れって本当に辛いものなんだなぁって思った。
そりゃー相手のことが嫌いになった、とか好きじゃなくなったとか
イロイロと理由はあるけれど、別れって辛い。
こっちはすっごい好きなのにね。
でも、好きってだけじゃどうにもならないんだよね、だってお互い生きてるから。
全てが思い通りになるわけじゃない。
「生まれ変わってまた何かを信じて 生きてくしかないよね どうしようもないよね
もうなんもかも ばいばいや」
ううーなんか切ないぞ。

礼央さんと同じく大倉さんって恋愛をかなり引きずるタイプなのでしょうか?
その割には恋多き少年だったに違いない!!
ってか惚れやすい性格に違いない!
そして一途に違いない!大倉さんに愛されたい!(ぇ)


9なまえ

洋「先ほどの曲が「恋の終わり」の曲なんですが、恋が始まった日記もちらほら。」
と言いながら、洋輔さんがまた日記を読み上げる。
洋「ふふっ」

どうやら、実名が出てきてしまう日記なため、仮名にして紹介しようと言うことに。
大倉さんが当時好きだったアイドルの名前にしようか・・・と言って
アイドルの名前を挙げていくんだけど、世代が出るよねーと。
イロイロと名前は挙がりましたが(古内東子さんとか?)
結果「原田知世」さんになりました。

大「CMとか今出てるしね」

もしかしてブレンディですか?(*´`*)私の中では「原田知世=カフェオレ」です(ドヤ)


「なまえ」の歌詞の意味というか、この歌になった経緯を日記を紹介しながら語っていく感じです。
「なまえ」とは、初めて呼び捨てで名前を呼ばれたってことらしい。
原田知世さん(仮名)が大倉君のことを「ともくん」と呼ばれた、
俺はまだ「原田」なのに。
知世と呼びたい、、、、

みたいな。
なんか痒くなる日記だよね!(褒めています)
ちなみに洋輔さんはニヤニヤしながら読んでたり、いちいちリアクションをとってました(笑)
(そこがまた可愛いんだ☆)

そして、「なまえ」へ。
歌詞の中に、「よく聞く話みたいに「おい」とか「お前」とか
呼ぶようにはなりたくない
一日10回としてあと20万回以上
君の名前を呼ぼう」

っていうのがあったりね、
「やっと呼び捨てた君の下の名前
たったこれだけの事が嬉しいから
日常が特別であるように
君を呼ぶ理由を探す」

とかね!何この純情少年!

大倉さんと同じ時間、同じ空間で一緒に恋したかったなーって思いました。
確かに私も苗字よりも名前で呼ばれる方がいい。
名前で呼ぶのは本当に勇気がいるし。
でも、名前で呼ばれたときにちょっと距離が近くなったカモ?って思っちゃってきゅんきゅんするんだよね。
男の人ってそこまで考えてはいないんだろうなーと思ってたけど、
なんだよ、思ってたんじゃんかよ。っと。


歌を歌うときも、大倉さんも洋輔さんもそんな純情少年の気持ちを心からこめて歌っていて
余計にそう思いました。



10秋すべきカスダイアリー

愛すべき、じゃなくて今回は「秋すべき」
日記を募集してそれを歌にしていくというコーナーなんですが、
ラブダイの二人は腰掛けて・・・
洋「あの、みなさんも座っている気分でお願いします」
オールスタンディングだしね^^

一人の人は、頭悪そうな なんだかキャピキャピした若者の日記。
お魚屋さんに恋をして、「ちょっぴLOVE」(これが今回の歌のキーワード)
そして最後には「バンガッチョだべ」(これが今回のキーワード2)

洋「ふふふっ」
日記的には頭悪そうな日記だなーと私は思いましたが。苦笑
洋輔さん達は興味津々。
バンガッチョwwwwとか「ちょっぴLOVE」wwwwっていう雰囲気でした。


洋「ここに出すという事は日記を全部晒されるという事ですよ。
そういう覚悟を持ってください」

そして、その方はお魚屋さん(当時29歳)に恋をしちゃって(本人は18歳)どうにかメールアドレスを交換してやり取りをする仲にまで発展したそうです。
それはまたすげぇな。

2ヵ月後の日記まで掘り出されてまして、しかも本人もライブに来ているという事態w
いやぁーこりゃー私だったら躊躇いますわ。
それは良いとして。

この人はどうも文末にバンガッチョだべ、が連発されてて、それは本人のマイブームだったそうです。
そこに引っかかった洋輔さんと大倉さん。
バンガッチョだべ、を使うとな。
そして、「ちょっぴLOVE」に関しては、、、

洋「なんか、この辺りはハロープロジェクトあたりを連想させるんだよね。アイドル・・・
よっつん、アイドルらしい感じでお願い。」
そしておもむろに踊りだす洋輔さん。
その踊りがねーなんて説明したら良いか分からないけど、とにかくアイドルみたいなノリのダンス。
そんでそんで、
「ふー!」とか入れたいとまで。
(パーンパパン フー!がRAGのFCイベントでやった「RAG黄門」とかのやつに似ている・・・
それかとびっきりスマイル・・・)

サビ前にみんなそれを踊れというご指令がありました。全力でヲタ芸させていただきます!!


そして相変わらずの「上手い言葉で言っていこう対決」。
お魚屋さんがテーマだから、魚にまつわるかしにしていくと。
洋「なんか魚の名前教えて」

客「コイ!」
イイネー!!!
あとはキスとか。
そしたらいいものが出来ましたよ。

洋輔さんと大倉さんが互いにペンを走らせ、思いつく魚の名前で歌詞を作っていきます。

洋「下ネタになっちゃうな・・・」と言いながらニヤニヤしておる!
一体何を思いついたんだい引地!

覚えている対決・・・
「すずきと言いたい」(好きと言いたい)
「えーびーしーまでしたい」(A、Bまでしたい)(こら)


ごめんなさい、記憶はここまでが限界です。
洋輔さんはインスピレーションがあるからポンポン出ると思いきや、
案外大倉さんのほうが上手いこと言っちゃったりしちゃって、
それで洋輔さんがムキィ!!ってなる^^


そして、「ちょっぴLOVE~ちょっぴLOVE」
パーンパパッッフー!
最後は締めで「バンガッチョだべ~」(しかもむっちゃ綺麗な字ハモ)

歌い終わった後に、アイドルみたいに手を振って、、、
それを見て大倉さんも手を振り出すw
その手の振り方、立ち振る舞い、全てアイドル!
流石松田聖子をテレビ越しにちゅーした男。

そして、手を振り終わったら、なんと!!!!



マ イ ク を 床 に 置 い た ! ! ! !
伝説のキャンディーズだよこれ!!(合ってる?)
私達普通の女の子に戻りますってやつだよ!!!



四「辞めないでー」

よっつんwww



次のカスダイアリー。
こちらはのほほんとした感じ。

「今日、初めて一人暮らしをしている彼の家に行った。
部屋がとても綺麗に片付けられていて、
冷蔵庫には彼のお母さんから教えてもらっただしの取り方が書いてあった。
私も頑張ろう」

みたいな日記でした。
いいですねーいいですねーカスと呼ぶには勿体無いくらい良い日記ですねー。


ちなみに、よっつんは料理作るの?と洋輔さん。
四「あ、はい、作りますよ」(爽やか~)
洋「何!背も高いしイケメンだし、それに加えて料理も作る?」
とプリプリ怒っております。
朝の情報番組で速水もこみちさんが料理を作っているけど、男性も最近は料理を作るらしいね!と。

あれ?この辺だったか、洋輔さんが生まれた土地がどうのこうので、
洋「そりゃー家に行っても目玉焼きしか出ないよな。」
大「洋輔、お前それでかなり敵を作ったぞ!」

洋輔さんはどうやら女王様でした^^


曲の雰囲気は、どんなんだったか忘れちゃいましたが、
とにかく最後に何故か「バンガッチョだべ~」。
ここでぶり返すバンガッチョ。ラブダイのお二人にとってちょっぴLOVEよりもツボだったのか(笑)


こんな感じで、次はマイクを置かずに終了。
洋輔さんの「おく?置く?」っていうアイコンタクトが可愛かったっす。



11ソラ・ソーヤ
洋「あなたが子どもの頃に信じていたものはありますか?」
ソラ・ソーヤを歌う前に洋輔さんが。
この曲を歌うときに流れる、バックの映像。
青い空が良い色なんだ、これが。

大倉さんの壮大に歌う感じがまたこの曲の雰囲気を更にかもし出しているというか。


12あぁ神様
私の中では爽やかソング第二段。
「あぁ神様、、、」
ソラ・ソーヤに雰囲気似てますね。

切な爽やかって感じでした。

よし、続きは次の記事にー☆

2011/11/19 Sat. 18:58  edit

Category: *その他 Live Report*

tb: 0  |  cm: 1

top △

コメント

No title

>拍手コメントを下さったみんさん

おぉぉー!!山口百恵さんでしたか!
床にマイクを置いたのは・・・!!
すみません、殆ど知らなかったので適当にキャンディーズかと思い込んでました。。。
ちょっと父と母に聴いてみます!(*´`*)

カヅキ@ヘタレ管理人 #- | URL | 2011/11/19 21:46 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nexthappy.blog63.fc2.com/tb.php/3625-3c8c47bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。