AX HA HA ACTION @Zepp Nagoya - 月光人魚

月光人魚

RAGFAIR・ズボンドズボン・土屋礼央さん(TTRE)をつらつらゆるーく書き連ねるカヅキの日記。ライブレポも時々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

HA HA ACTION @Zepp Nagoya 

行って来ました、HA HA ACTION。
久々にかおり嬢と一緒に行って来ましたぜーい。
私が仕事終わって、かおり嬢の家まで行って、そっから嬢の車で名古屋までびゅーん。
お互い家が近くなってやっとその恩恵を授かったというか(笑)(いや、そう思っているのは私だけです)

とにかくだな、
HA HA ACTION、、、
加納さんがかっこよ過ぎた・・・!
加納さんの魅力に気付いたのがつい1年ほど前でな、私は実に惜しいことをしたよ。


HA HA ACTIONの全体的な感想としては、
よく出来たライブだなーと。すごいなーと思いました。

以上。




以下、率直な感想。
まだ行かれていない方、ネタバレはイヤーン☆な方、
今までのカヅキのライブ感想にとても好感を持って下さった方は見ないほうが良いです、絶対。


正直な話、15人も要らないと思った。

RAGFAIRだったら6人しか居なくてもあのライブ以上のことは絶対に出来る。
そして何よりもライブ後にとっても満足した気持ちで帰れる。
「どんな内容だったか忘れちゃったけど、いいライブだったね」って思いながら帰るライブが
洋輔さんは理想だ、とずっと昔に言っていたのを思い出して
余計にそのコトバの重さを感じられた。


全然満足できなかった。
ライブでこんなに満足できなかったのは、生まれて初めて。


15人。
RAGFAIRから洋輔さん、加納さん、加藤さん、健一さん。
INSPi、ダイナマイトしゃかりきさ~かす、じゃ~んずΩのし~ちゃんΩ、Daichi。


15人もいたら、そりゃー迫力ありますよね。
OP、EDだって迫力あります。声って凄いなって思います。それはイヤでも思い知らされます。

でも、違うんです。
あー私はやっぱりRAGFAIRがすきなんだとイヤでも気付かされました。
だってだって。
INSPiはプロだからいいとしてその他の方々。

素人の声を聞きに来たんじゃないです。
声を響かせるわけでもなく、ただ歌っているだけにしか私は聴こえなかった。
声量はあるんだろうけど。


スキャット交響曲。
HA HA ACTIONのラストを締めくくる長編的なものに
和太鼓を持ってこられて泣き出しそうだった。
あれは、RAGFAIRがやるから感動するのであって、
15人になって迫力は増すかもしれないけど、パフォーマンスも本当に息の合った素晴らしいものだけれど、


やって欲しくなかったというのが正直なところ。


RAGのNSHで聞いたMUSIC世界ラリーの和太鼓のあの6人の響き。
鳥肌が立って、身体が震えて、音が身体中にまで痺れてきた、あの感覚。


15人になったところで、何も何も何も感じなかった。
寧ろ薄ら寒さを感じてしまった。
あぁ、簡単に誰でも出来ちゃうのね。そしてそれをやっちゃうのね。
安っぽいものになったのね。

失望すら覚えてしまう。



でも、面白いなぁと言うところはあった。
アルテイド・ヒキチコック氏の「森のくまさん」ね。
キタキタ!洋輔さんのナナメ目線!ってね(笑)
欲を言うならば、ずっと童話の解説で良かったって思うくらい(笑)

「森のくまさん」の解説、本当にためになったわー。
これは洋輔さんらしい感じが良かった。



んー・・・・。
もっと書くと本当に毒舌を通り越して悪口になるので、今日はこの辺で止めておこう。








あぁ、私はやっぱりRAGFAIRが好きなんだと思った。
活動休止という活動をしているんだ、と頭で分からせているけれど、
TTRLのときに礼央さんが「早春ラプソディ」を歌っていたときもコーラスの声を探していた。
HA HA ACTIONだってそう。
やっぱり目で追うのはRAGのメンバーだもの。


15人もいちゃぁ誰見ていいか分からんわ。



15人もいればアカペラのハーモニーも単なる合唱だよ、とね。




あーでも加藤さんはやっぱり加藤さんで女装をしっかりしてたし
(毎回女として負けたと思っている)
健一さんは他の出演者の誰よりも声量があって響かせていたし何よりも電波がゆんゆんだった。
健一さんを野放しにするとあんな風になるのね・・・って。
そこが健一さんのイイトコロ。
加納さんは一番かっこよかった・・・(そればっかり)
安定して何でもこなす。HA HA ACTIONの世界に一番入り込んで演技をしてた。
演技をしてたっていう言い方が一番しっくり来る。
「これが自分の仕事」っていうオーラ。与えられた仕事はしっかりやるという使命感。
そんな感じがちょっとしたかなー。
そして細かった・・・なんか、も、ぎゅうううううううってしたいくらい(えぇ)

洋輔さん。
さすが座長。前に出ない。洋輔さんらしいところ。
きっと礼央さんがこのHA HA ACTIONを演出したら洋輔さんは前に出ずっぱりだっただろう。
洋輔さんの持ちえている能力の最大限を引き出しただろう。
前に出ないで支える大黒柱(にしては細っこい腕で、たまらなくきゅんきゅんしたわよ)って感じ。
古きよきお父さんポジション。



あれがNEXT RAGFAIRに繋がるのならば。
次回のHA HA ACTIONに期待したい。

2011/09/09 Fri. 21:49  edit

Category: *ライブ感想*

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nexthappy.blog63.fc2.com/tb.php/3575-91889b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。