AX TTRL@Shibuya AX ② - 月光人魚

月光人魚

RAGFAIR・ズボンドズボン・土屋礼央さん(TTRE)をつらつらゆるーく書き連ねるカヅキの日記。ライブレポも時々。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

TTRL@Shibuya AX ② 

ライブレポートのカテゴリは、
「RAGFAIR Live Report」、「ズボンドズボン Live Report」の二つしか分けてないので
「TTRE」はどうしようかなぁと考え中です。
一応今のところは「その他 Live Report」で。


改めまして、行って来ました「TTRL」@Shibuya AX。
実はここだけの話…楽しみの度合いは結構低めでした。
低いというよりも、全くの未知の領域で楽しめるかどうかが分からなかった。
もしかしたら楽しめないかもしれないし、楽しめなかったら私はTTRE土屋礼央さんの事を
どこか引いた目線で応援していこう、という思いさえあった。


でも、良い意味で予想を遥かに越えた。越えたっていうか真逆だった。


とってもとっても素晴らしかったんです。
一曲目の「アイサレンダー」から、礼央さんの歌う姿に涙が出てきちゃった。
かっこいいの。TTREの顔なの。
たまらなかったです。


さて。恒例?の私のレポート。
MFK2部も参加したので、合間に挟んで書き連ねます。
MCとかはほっとんど忘れちゃったのでそこは妄想で補完しようと思ってますよ。(笑)



(※結構甘々に感想を書いてますが、思うことはたくさんあるんだよーっていう。)
そういえばAXなんて4年ぶりだわーと思いつつ、広いキャパにぎっしり埋まったTTREファンに
無性にヒヤヒヤドキドキ(笑)
番号は悪かったんですが、意外と右端が空いていたので右端をキープ。
そしたら結構前の方だったwラッキー。
どうでも良いけどもThat’RAGFAIRも花粉症ツアーも右ばっかりだった。

セットリストはTTREのHPから拾いました。
毎度セトリを載せてくれる礼央さんの心遣いに感謝。感謝。


1TTREのテーマ
ステージに暗幕というか緞帳というか、兎に角ライブが始まらないとステージが見えない仕様になっていて
余計にソワソワさせる。
テーマが始まって、水玉模様のライトがぐるぐる回って
「礼央さんは水玉推しなのか?」なんてニヤリ。
ライブ後にお友達とも話していたけれど、「渋谷系の曲だよね」と言われてそうそうそれそれ!!ってなる。
「てってれ、 てってれ」って聞こえた気がするけど気にしないー。


2アイサレンダー

「まだまだ あなたが足りない 心を満たしてbaby」
幕がぶあっ!と上がって出てきたのがTTRE土屋礼央さん。スタンドマイクをぎゅっと持ち、
ニッコリ笑って「ライブスタート!」
白いドデカイ風船に、小さな風船がいくつもくっついてアーチみたいになっていて、
「礼央さん水玉推し?」と思っちゃった(笑)
ちなみに礼央さんの衣装は、水玉のシャツにベストに黒のデニム、そして蛍光ピンクのサスペンダー!!
ちくしょう!!可愛い!(※35歳になりました)


アイサレンダーの歌詞の、ちょっぴり色気があるところを
実際に礼央さんが歌うと、ドッキューンとしちゃう。
「超絶 fine play 『僕やるぜ』」
ウインクしながら「僕やるぜ」は胸がときめいた。
礼央さんの動きの一つ一つが、アイサレンダーの歌の雰囲気を作り出している。
動きありきとかじゃないけれど、礼央さんは身体全体で歌を表現してる感じかなー?

「まだまだ あなたが足りない 心を満たしてbaby」


そうか、礼央さんの声って甘いんだ。
甘いからこそこの歌はもっともっと魅力的になるのかな。
「心を満たしてbaby」

聞いてるうちに、楽しくなっちゃってウキウキしちゃって、思わず手拍子する手が上がる。
胸元で手拍子、ってのが私のいつものパターンなのに
既に高く上に挙げて盛り上がってたわ。。。


ちなみに一発目から銀テープがパーーーーーン!!!
MFK二部で『今日は沢山テープ飛ばすよ』って言ってたけどまさか一曲目からとは思わなかったw
銀テープパーーンで礼央さんが「してやったり」な顔をするから悔しいね!(※超絶笑顔で)



MC
「今日はTTRLにようこそウエルカーム!」
どこかで聞いたことがある台詞だなw

どんなことを話してたか忘れてしまったが、
9月1日は土屋礼央の誕生日だけど、その日を本人がおもてなしをしようという日にしたい、と。
初っ端から銀テープを出しちゃって、「ここが今日のライブのピークかもしれませんwでもそうだったら俺が一番ビックリです」
だよねだよね!一体何発打つんだ、銀テープ。
確か、予算の関係でリハーサルではテープを撃ってないと言っていた。>MFK2
「実験だ」とよ!ワレワレハ ジッケンタイ ダ!

「いつも以上に敏感になってください。感じちゃってください(ニヤリ)感じちゃってください(ニヤリ)」
水を飲みながらにやっと笑うもんだから、
なんかもうドギマギ。
礼央さんはエロ路線なのか。35歳にして。いや、いいけど。(*´`*)



3 朝散歩
アレンジはRAGFAIR ver.だった。
多分編曲に近田さんが携わっているからだと思うんだけども。
とりあえず、RAGFAIRの曲(まぁ元々はズボだけども)を歌うのは驚いた。
礼央さんが歌っている後ろにコーラスが聴こえてきそう。
耳で必死に探すんだけど、コーラスは居ない。なんかちょっとだけ寂しさを感じてしまった。

礼央さんは歌うときに歌詞を指で表現(笑)
「柵越しにfallin' love。」で犬かッ!ってくらい柵を手にかけてる(笑)
手話みたいな表現の仕方に可愛さを感じながらも温かさも。

あとは・・・ラップ?
ラップなんだろうけど一体何を言ってるか分からないし、なんか聴いててこっ恥ずかしい気持ちになったのは
きっと私だけでしょう。私だけにした方がいいと思う。

あーでも、、、
礼央さんの声、すっごい伸びやかだった。
喉の奥から声が出てて、スコーンとしてた。



4早春ラプソディ
朝散歩から一転、キーボードの方(あれ、名前なんだっけ・・・)のイントロで
クールダウンをしながらも、、、
礼央さんは息を整えて、すうっと息を吸い、
「さよならから始まる 物語の始まりだね」

はっ!
そう思ったら涙がつうう。
あの時は礼央さんソロで早春ラプソディを聴けるとは思ってなくての涙だった。
やっぱりRAGFAIRのコーラスを探してしまうのはこの際許してください。
礼央さんが作詞をしたわけじゃないのに、何故この曲を歌うのか??って思ったけど、
多分編曲が近田さんだからかな?って友達と。

最後の「ありがとう」
はRAGで歌ったときは「少し未練を残すようにして歌ってる。まだ、この歌の主人公は強がってるんですよ」って言ってた。
すっきりと「ありがとう」って言っちゃうと、この歌の意味が変わってきてしまうから。

って言ってたけど、TTREになると、もんのすごーくねちっこくなるのね(笑)
未練タラタラ。
「ありがとう」じゃなくて、「ありがとうっ!」って。
きっと礼央さんが歌う主人公のイメージをRAGの時と変えたんじゃないかな。
より礼央さんに近くなってると思う。


ただ、私は「らーららららー」は歌わなかった。
礼央さんは「歌って!」って煽ってたけど。ここは私なりの「意地」です。
RAGと変えてきているのならば、ここも礼央さんは変えていかないといけないんじゃないか?
未練タラタラとはこういう意味も含まれてます。

別に、TTREとして活動するに当たって、RAGやズボから決別しろとかそんなことは私は思ってないです^^
ただ、なんていうんだろう…
RAGFAIRとズボンドズボンの活動も含めての10年間と言うのならば、
丸っきりRAGとかズボとかの歌を歌わなくてもいいんじゃない?って冷静になった今思った。

思ったけれども、
礼央さんが「朝散歩」「早春ラプソディ」を歌ってくれたことで
礼央さんの中ではちゃんと10年間の積み重ねがあって、それだからこの曲を歌ったんでしょう。


ららら~の時、一瞬だけ不安げな顔をしていたように見えた礼央さん。
(他はとってもいい顔をしてました)
きっと、私のような捻くれたファンには受け入れてもらえないんだろうという事までも
礼央さんは見越して、見越しているけど敢えて歌ったと思います。
礼央さんは分かっててそういう事をする人だ、という私の勝手な解釈ですが^^



なんか長くなっちゃったなー。
ライブレポとか言いながら完全に感想じゃないか(笑)
次からはちゃんとレポります。

2011/09/03 Sat. 23:34  edit

Category: *TTRE Live Report*

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nexthappy.blog63.fc2.com/tb.php/3567-41badcb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。